新着ブログ

万両の福井案内

越前かに解禁!

2022年11月10日
万両の福井案内
紅葉の次に楽しみなのは、毎年11月6日は越前かに解禁日sign01

福井県民ならず全国の方がこの日を待っているのではないでしょうかsign02

越前かには「冬の味覚の王様」と言われておりかにのブランドでもトップの知名度を誇っていますwink

オスはズワイガニ、メスはセイコガニと福井では呼ばれており、メスのお腹にある卵の赤黒くプチプチした「外子」オレンジ色の「内子」この濃厚な味わい…絶品ですcancer
  


価格もお手頃で福井の冬の味が堪能できますよ。

福井の冬と言えば…
若狭牛のしゃぶしゃぶも忘れてはいけませんdelicious

その若狭牛を食べにいつもお世話になっている川越智子アナウンサーがご来店されましたshine

とても可愛い2歳になる娘さんと優しそうなイケメンのご主人。
動き回る子供のお世話をする姿はすっかりお母さんsign01
幸せオーラ全開の巻でしたheart04

九頭竜湖の紅葉

2022年11月10日
万両の福井案内
11月に入ると紅葉が楽しみですねheart

私も福井に住んでいながら初めて九頭竜湖に行って来ました。

大野方面(国道158号線)へひたすら真っ直ぐ車で走るわけですが、方向音痴の私でも簡単に到着します。

途中道の駅もありティラノサウルスがお出迎えsign03




          
とにかく山々の紅葉する景色が素晴らしく、ダム湖のスケールの大きさにただ感動。
広大なダム湖は四季折々に美しさを見せてくれるらしいのでまた雪が降る頃訪れたいスポットです。



池田町

2022年05月16日
万両の福井案内
今シーズン最後の
山菜採りはわらびsign03

わらびは食べたことがない人でも名前は聞いたことのあるメジャーな山菜ではないでしょうか。

アク抜きは水に入れた重曹を沸騰させ、その中に一晩浸けておけば程良くアクの抜けた色鮮やかなシャキシャキの美味しいわらびが食べられます。今回はわらびご飯で…



山菜採りの後の楽しみでもある温泉は池田町の冠荘happy01



久しぶりに訪れましたが、なんとサウナもあり露天風呂も出来ておりこのまま一泊してジビエ料理and山菜料理を食べてゆっくりしたいくらい完璧すぎる施設ですsign01

近くにはかずら橋がありその目の前には桜といえば色はピンクでソメイヨシノが定番ですが貴重な緑色の桜(御衣黄)が咲き乱れております。



※御衣とは貴族の着物を意味するらしく京都の任和寺で栽培されたのが始まりらしいです

私も初めて拝見しましたが気品のある優しい緑色の素晴らしい桜です。

池田町のシンボルのシャクヤクも見ごろを迎え、右を向いても左を向いても山山山の緑色の中で鮮やかな色が引き立っており観光するのにももってこいですねshine

若狭・小浜へ

2020年09月30日
万両の福井案内
ようやく過ごしやすくなりましたね。

シルバーウイークも終わり、私どもも近場へ遠足dash

まずは体験学習shine

アワビ貝やタマゴの殻が埋め込まれている若狭塗のお箸を研ぎだしていき、仕上げていきます。
世界に一つのMy箸でこれから出回る新米を食べたいと思います。



若狭町にある年縞博物館もおススメです。
奇跡の湖「水月湖」と呼ばれる湖は、湖底がかき乱されることが無いので、7万年間もの年縞が形成されまるでタイムスリップしたかのようにその当時の事が分かる、世界でも他に例がない素晴らしい施設です。



お隣には若狭三方縄文博物館があり、縄文時代の技術、くらし、文化、出土した土器や丸木舟などが展示してあります。
三方五湖周辺に縄文文化が存在していたとは驚きです。
ロマンがありますね〜confident



そして・・・夜は若狭町での民宿にてお魚三昧のお料理
新鮮なお刺身fishに大感激sign01



とても美味しかったです。ご馳走さまでした。



するとおかみさんが「10月からお一人7千円引きの若狭町独自のキャンペーン」実施されるとの事。
「もっと早く知りたかった〜coldsweats02
福井県民のみのキャンペーンらしいですが詳しくは若狭町観光協会までsign03

刈込池

2019年11月12日
万両の福井案内
外国の方がご来店されると言葉が通じずとても焦ってしまう今日この頃ですsweat01

日本語がとても上手なシンガポールからお見えになった、素敵なご家族でしたshine



さて紅葉の季節になりましたなりましたね。
私も先日刈込池に行ってきましたdash

池に到着するには、山に登らなければなりません。
コースが2通りあり、比較的緩やかな岩場コースとかなりきつい石段コースがあり、迷わず岩場コースをチョイスsign03



ここからはほぼ登山で岩場コースといえども写真のようなかなりきつい道が続きます。



登ること約1時間。鏡面の様な池に紅葉が映り込み、この光景はきつい思いをしても登山する価値はあります。



皆さんも是非チャレンジしてくださいねhappy01



熊にはくれぐれも注意してくださいねsign01